これはウェールズです。人々によって形作られ、その場所に触発され、冒険と機会で生きています。

ウェールズのドラゴン

ウェールズでは至るところで目にしますが、ウェールズのドラゴンの物語とはどのようなものでしょうか?

ウェールズ・ウェイ

ウェールズ・ウェイは、海岸に沿って、城の国を通って、山の多い中心部を越えて案内する3つの国立ルートのファミリーです。環状路や連絡路が交差しているので、顧客のためにカスタマイズした独自のウェールズロードトリップを作成することができます。

大切にすべき過去

ウェールズ北部の海岸に, ポートメイリオン村を創り上げた風変わりな建築家であるクロ―・ウィリアムズ=エリス卿は、「過去を大切にし、現在を装飾し、未来を構築する」というシンプルな座右の銘を好んで引用しました。

ウェールズでラグビー

カーディフでラグビーの国際試合がある週末は、とても特別な経験を味わうことができます。世界最高のスポーツ体験の1つであり、試合を観戦するだけでなく、ウェールズの首都でその雰囲気をただ楽しむこともできます。

ウェールズは世界の城郭首都?

ウェールズはヨーロッパの他のどの国よりも平方マイルあたりの城の数が多いことは、あまり知られていない事実です。ウェールズの歴史は、鉄器時代の丘陵城砦、ローマ遺跡、中世ウェールズ王子やイングランド王の城が点在する風景を残しました。

ドラゴンに関連するウェールズの背景

「エナ・マイは、暗闇の中の火花、洞窟の中を輝きながら大胆不敵に飛び回る小さな火の玉です。ドラゴンの子孫で、岩盤を通してかすかに聞こえてくる様々な伝説を食べて大きくなってきました。未来の世代のために、エナ・マイはその暖かい心の中に、私達の先祖が残した知恵をしっかりと抱えています。」