ウェールズ・ウェイ

ウェールズ・ウェイは、海岸に沿って、城の国を通って、山の多い中心部を越えて案内する3つの国立ルートのファミリーです。環状路や連絡路が交差しているので、顧客のためにカスタマイズした独自のウェールズロードトリップを作成することができます。

ウェールズは世界の城郭首都?

ウェールズはヨーロッパの他のどの国よりも平方マイルあたりの城の数が多いことは、あまり知られていない事実です。ウェールズの歴史は、鉄器時代の丘陵城砦、ローマ遺跡、中世ウェールズ王子やイングランド王の城が点在する風景を残しました。

大切にすべき過去

ウェールズ北部の海岸に, ポートメイリオン村を創り上げた風変わりな建築家であるクロ―・ウィリアムズ=エリス卿は、「過去を大切にし、現在を装飾し、未来を構築する」というシンプルな座右の銘を好んで引用しました。

コンウィ城と姫路城が歴史的な姉妹城提携で正式調印

ともにユネスコの世界文化遺産であるコンウィ城と姫路城が姉妹城提携に調印した。ウェールズ代表チームが大活躍した「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」の期間中に姫路城で行われた歴史的な調印式は、コンウィ市と姫路市の地域間交流だけでなく、ウェールズと日本との文化交流にも新たな時代の幕開けを告げるものだ。